肌にいいコスメティックスの成分について

きれいになる成分

役に立つコスメアセロラは太陽をたっぷりと浴びて育ち、真っ赤な果実を実らせます。

ビタミンCが豊富でスキンケアcosmeticsにもアセロラエキスをたっぷりと配合されたものがあります。


アセロラエキスの高濃度なビタミンCが、肌の角質層まで素早く浸透することで透明肌を作る効果があります。

また、アセロラエキスを配合したスキンケアコスメティックスシリーズは、天然由来のビタミンCなどの
美容成分と収斂作用により、ストレスや紫外線などにより荒れがちな肌のきめを綺麗に整える効果もあります。

肌を整える

 

南国の強い太陽を浴びて育ったアセロラから抽出した天然由来成分のほかにも
様々な精油などが配合されたコスメティックスには、毎日のお手入れに使用することで
心地よい香りに癒される効果もあり、肌の保湿や外的な刺激から肌を保護する作用などがあります。

 

アセロラの美容成分がたっぷりと配合されたアイ・ピー・エスコスメティックスを使って、
老化を促進させてしまう紫外線などの害から肌をしっかりと守るのことは、美肌への近道と言えます。

 

美肌に近づく

美肌に近づく為に効果的な方法を試みたいものです。

 

アセロラの日本初上陸は1958年の沖縄!栽培地に向いている気候は?

アセロラが日本に初上陸したのは沖縄県であり、1958年に導入されました。
その後サトウキビ栽培の代わりになる農業はないかと、1989年からアセロラの栽培は始まります。

西インド諸島や南アメリカ北部から中央アメリカが原産とされており、暖かい地域の植物です。
そのため栽培する際にはそれに適している気候が必要であり、寒さにはやや弱いのでその点も加味しなければいけません。

栽培に向いている場所は日当たりが良く、そして高温多湿な環境を用意しましょう。
夏場の直射日光に強い性質を持っていますが、葉焼けを起すことがあります。

このようなことがあるので、夏場は昼間は半日陰などになるようにしておくと安心です。
高温多湿を好むので水は用土が乾いていたらたっぷりを与えるのが重要で、土だけでなく葉にも掛けてあげるようにしましょう。

しかし日本には四季があり、寒い時期もあります。庭植えなどでは難しいですが、鉢植えであれば寒くなってきたら室内に入れて防寒対策を行うことが大切です。
0度くらいまでは耐えることができるといわれていますが、暖かい場所に置いておいた方が葉の色をきれいに保つことが可能です。また鉢植えであれば夏場も場所を移しやすいので、半日陰の場所を確保しやすいです。

このようにしてアセロラを栽培する場合は、気候に合った場所に置けるようにしておきましょう。そうすることでしっかりと実をつけるようになり、十分に育てることができます。